第六回(2013年度)

【一般部門】

大賞:「アルカロイダー」笠井央人

<あらすじ>

他人を恐れる余り、響はいつしか触れる物全てを除菌して回るようになっていた。そんな時、彼女は同級生で小説家の宗宮臣と出会い、彼の自由な生き方に影響を受け始める。

→読む

 

佳作:「雨傘」吉野梔子

<あらすじ>

「わたし」はある日大切にしていた黒い雨傘を盗まれた。それには別れた妻との記憶が詰まっていた。苦悩する「わたし」は雨傘を求めて雨の降る街を歩きまわる。

→読む

 

佳作:「絶対安心安全領域」蔵石助定

<あらすじ>
大学生活を送っている「僕」は、独特の雰囲気を持つ芽衣子と付き合っている。芽衣子や友人、先生との関わりによって、「僕」は少しずつ動き出そうとする。

→読む

 

佳作:「ねこのはか」宮崎友理子

<あらすじ>
沢渡三日月が死んだ。彼女をいじめていた小学生グループは、いじめの発覚を恐れ、彼女の死を隠そうとする。そこで、死体を森に埋め、グループの一人である茜に三日月の振りをさせることを思いつく。

→読む

 

【ベリーショート部門】

「アリスは緑、田中はブルー、愛し君の名は」千住のり子

  →読んでみる(PDFファイル)

「肥育」諧謔鳥

  →読んでみる(PDFファイル)

「幼少ツツジ」楠ねくす

  →読んでみる(PDFファイル)

Copyright(c) 2016 筑波学生文芸賞運営委員会 All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com